SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

スペシャルレポート 2016 Vol.01 小説でしか表現できなかった もうひとつの『君の名は。』とは

小説でしか表現できなかった
もうひとつの『君の名は。』とは

――新海誠インタビュー(前編)

 8月26日に公開された、新海誠監督による新作アニメーション映画『君の名は。』。観客動員は1354万人、興行収入は176億円を超え、全国映画動員ランキングトップで9週連続第1位(映画関連のデータはすべて11月3日時点)という2016年を代表する大ヒット作品となった。さらには、スペインで行われた第49回「シッチェス・カタロニア国際映画祭」で最優秀長編作品賞を受賞するなど、はやくも世界にその名を響き渡らせている。惜しくも映画はSUGOI JAPAN Award2017・アニメ部門の対象期間外(※)なのだが、6月に刊行された、監督みずから書き下ろしの『小説 君の名は。』がエンタメ小説部門にノミネート。映画公開前ですでに50万部を売り上げ、公開後に130万部を突破した本書は「小説にしかできない表現」にこだわり抜いた新海氏によるもうひとつの新作だ。
 ノミネートを記念し、“小説家”新海誠のインタビューを2回にわたり掲載。前編にあたる今回は、小説を書いたことで映画に与えた影響と、小説でしか表現できないものについてお話をうかがった。

※アニメ部門の対象期間は、2015年7月1日~2016年7月31日のため、2016年8月26日公開の映画『君の名は。』はアニメ部門では対象期間外となった。

文章の断片にちりばめられた慰めや励ましが、
誰かの救いとなるような小説を紡いでいきたい

小説を書いたことで、映画『君の名は。』も深まった

――『小説 君の名は。』の“あとがき”で、「本作はアニメーション映画という形がいちばん相応しいと思っていたため、小説を書こうとは思っていなかった」とおっしゃっていましたが、書き始めてみて新たに発見したことはありましたか。

新海 まずは、ぼく自身が書いていてとても楽しかったということですね。文章を書くこと、そして文章によって物語を描くことがぼくは好きなんだ、とあらためて感じることができました。
 これまで『秒速5センチメートル』と『言の葉の庭』の小説を書いてきましたが、どちらも着手したのは映画制作が終わってからのこと。観客の声を聞いたあとで、映画とはちがうものを差し出すつもりで書きましたから、今回のように、映画制作と同時進行での執筆にはためらいがありました。ですが結果としては、書くことによって映画そのものが深まったと思います。
 小説を書きながら、瀧(たき)や三葉(みつは)といったキャラクターのことを思っていた以上にわかっていなかったことに気づきました。多少のモノローグは別として、基本的に会話だけで物語が進む映画と違って、小説では地の文(編集註:会話以外の叙述や説明などの文)に心理描写を加えていかなくてはなりません。そうすると必然的に、彼らの心情の流れが脚本上で追うよりも明確になっていく。あのときの台詞にどんな想いがこもっていたのか、どんな気持ちでその場所に立っていたのか、あらためて思い知らされたんです。ふたりの想いをひとつひとつ丁寧にたどることによって、瀧と三葉がそれぞれ、本当はどんな子だったのかを知ることもできました。

――具体的には、どんなところでそれを感じましたか。

新海 “あとがき”にも書きましたが、三葉はけっこう能天気な子だなあと(笑)。見知らぬ異性と入れ替わって東京の生活に放り込まれたのに、あまり深く考えずになんだかんだとあっさりなじんで満喫してしまう。対して瀧は、女性に対する扱いに関してはなっていない駄目な男子でした。それに、そんなに黒髪ロングの女の子が好きだったとは小説を書くまで知りませんでした(笑)。三葉が案外お金に厳しい性格で、夢の中で好きに飲み食いしていたのは他人のお金だったから、というのも脚本を書いているときにはそれほど意識していなかったところです。ほかにも、瀧が奥寺先輩とデートするときのアドバイスとして三葉が教えたWEBサイトの存在が、後半の意外なところで活きていたり(笑)。小説を書くまで思ってもみなかった流れが自然に生まれたのはおもしろかったです。 小説は、ほんの1行を足すだけでキャラクターの幅をぐっと広げることができます。映画で1カット増やすためにはたくさんの人の手が必要で、けっこうな手間がかかりますが、その制約から自由になってキャラクターたちの実像を追いかけることができたのは非常に楽しかったですね。

――小説を書いたことで、映画にはどのような影響があったのでしょうか。

新海 声の演出に関しては大きな影響がありましたね。書き終えたときは映画の制作作業も大詰めでしたし、映像面で新たに反映することはありませんでしたが、まだアフレコは始まっていなかったんですよ。キャラクターそのものや台詞に対する理解が深まったことで、神木(隆之介)くんや(上白石)萌音ちゃんをはじめとする役者陣に台詞の意図を伝えやすくなり、重みも変わってきました。制作と同時進行で小説を書くのも悪くないなと、その点では思いましたね。すごく大変でしたけど(笑)。

たった数文字が身体感覚を揺さぶり、世界を広げる

――第1回「SUGOI JAPAN」のインタビュー(2014年実施)で、「映画や小説、CMなど、どんな表現媒体であっても“ここでしかできないことをやろう”と意識している」とおっしゃっていましたが、本作でとくに意識されたことはありますか。

新海 本作に限ったことではありませんが、ひとつは「比喩」です。たとえば本作の冒頭で“乳房に抱かれた乳呑み児の頃のように、不安や寂しさなんてかけらもない”と書いていますが、こういう表現ができるのが文章の醍醐味だと思うんです。この一文だけで、母親のことや乳のにおい、かつて小さかった頃のあわい風景までを呼び覚ますことができる機能をそなえているでしょう。映像の場合、どれほど懐かしい風景を描いたとしても“乳呑み児の頃のような”想いを喚起させることは難しいですから。
 ほかにも、瀧の身体に入った三葉が、友人の司(つかさ)に肩を抱かれてどぎまぎしているシーン。三葉が「きゃっ!」となるのは映画でも同じですが、小説で司が“前髪の触れあうくらいの距離でにっこり笑っている”と表現することによって、思春期特有の距離感と緊張を、読者に喚起させることができると思うんです。きっとみんなが体験してきただろう身体感覚を、たった数文字で共有することができる。それは小説にしかできないことじゃないでしょうか。なので、数ページに1カ所の頻度で比喩はとりいれるようにしました。

――情景描写をするときも同じでしょうか。圧倒的な映像美を謳われる新海作品ですが、小説では、心理描写を載せながら情感豊かに風景が紡がれています。絵と言葉、その表現の違いがいちばん際立つところではないかと思うのですが。

新海 実は、小説における情景描写はぼくにとって面倒な部分でもありまして。というのも、絵で見せたほうがてっとりばやいですし、映像ならばスタッフの手を借りてどれだけでも凝ったものにすることができますからね。文章で表現するのは、ややコスパが悪い気がするんです(笑)。もちろん、映像で褒めていただくことが多いぶん、小説になると駄目だと言われたくないので、自分なりに表現を尽くしているつもりではあるのですが。
 ただ、表現の違いでいうと、本質的にはあまり変わらないんじゃないかと思います。たとえば瀧が歩道橋にひとりたたずみ、“夏の端っこに一人取り残されたような気分で”夕陽を眺めているところ。絵を描いたときも、言語化していないだけで、似たような想いを抱いていたはずです。アウトプットの仕方が違うだけで、作り手の内側にめぐっている感情は、絵だろうと小説だろうと変わらないんです。たとえば岩井俊二さんとか、ほかの映像監督の方が小説を書くときもきっとアプローチの仕方は同じなんじゃないでしょうか。逆に言えば、小説家の方にも絵を描くために必要な感情は備わっているはず。ぼくは少なからず小説を書く経験を重ねてきたおかげで、言語化する回路が比較的スムーズにつながりやすくなっているだけで、情景描写に限っていうなら、実は互換性のある能力なんだと思います。

――前二作の小説を書いた経験は、本作にどのように影響されていますか。

新海 とくに『小説 言の葉の庭』から受け取ったものは多く、あの作品を書いたことで、ぼくは自分の文体というものを手に入れられた気がします。『小説 秒速5センチメートル』のときは、村上春樹さんや角田光代さんといった自分の好きな作家の影響をはずかしいくらいまっすぐに受けていましたから。もちろん今でも、これまでの読書体験が自分の小説に多大な影響を与えていることには変わりありませんが、ようやく自分だけの心地いいリズムを生み出すことができるようになったと思います。
 雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していたことも大きかったです。今までも物語を描いてはきたけれど、それは2年、3年かけて1本の映画を作るようなやり方でした。まずは映像表現が先にあったんです。でも『小説 言の葉の庭』では連載で毎月1本、語り手を変えたオムニバス形式の短編を1年近く書き続けたので、一作ごとに作劇の力を身に着けていく手ごたえがありました。靴職人や高校教師、通信系の営業マンなど、各話の主人公にあわせてあらためて取材をしていたので、映画から少し離れた新しい物語を生み出し続けている感覚でしたね。その積み重ねを毎月重ねていくなかで文体も手に入れられましたし、ぼくは物語を紡ぐことができるんだという自信もつきました。その経験があったからこそ、映画『君の名は。』を生み出すこともできたんです。

――取材をするときに、新海さんがいちばん大事にされていることはなんでしょうか。

新海 生きていくうえで何が一番つらくて、何に一番幸せを感じるか? を中心にお話を聞くことが多いです。それは相手がどんな職業でも変わりません。
 ぼくは、感情が大きく動く瞬間を知りたいし、描きたい。そして、観る人にも知ってほしいと思っています。なぜなら、ぼくが劇場に映画を観に行きたくなるのは決まってなにかを探しているときだから。仕事がつらいときは気晴らしを求めているし、迷っているときは映画の中にヒントがあるかもしれないと希望を託します。何もかも順調なときには映画を観に行こうなんて思いません(笑)。読書も同じで、行き詰まったときに答えを探しながら読むことが多いから、同じように映画や本のなかに何かを探している人に響くものを作りたい。そのためにも、人がどんなときにつらさや幸せを感じるかを知りたいんです。

――映画を観たくなるときと小説を読みたくなるときに違いはありますか。

新海 ぼくが小説に求めているのは、たとえば『言の葉の庭』で雪野(ゆきの)が言った“人間なんて、みんなどっかちょっとずつおかしい”という言葉によって得られる、「だったら自分もおかしくていいんだ」という安堵のようなもの。『君の名は。』でいえば、転んだ三葉が起き上がって走り出す瞬間の、もう何も怖くない、大丈夫だ、という想いです。ぼく自身が「大丈夫だ」と背中を後押ししてもらえるような何かがほしいんです。
 映画は時間軸で表現する媒体なので、どちらかというと、観客の感情をいかに揺さぶるかを問われます。基本的に、最初から最後まで一気に観てもらうことが前提なので、作り手も「ここでこれを感じてもらいたい」「こういう感情の波を作り出してほしい」と思いながら、言い方は悪いですが観客の喜怒哀楽をコントロールすべく技術的な仕掛けを施すものですが、小説となるとなかなかそうもいかない。どんな場所で、どのくらいのページ数を読むかは人によってまちまちなので、書き手の設計どおりに読者が読むとは限らないんです。だからこそ、断片的に読む数ページのなかにも、何か慰めや励ましを見つけられるものであってほしい。ぼくの小説もそうありたいと思いながら書いています。

(2016年10月4日、東宝本社にて/取材・文=立花もも、撮影=冨永智子)

PROFILE

新海誠しんかい・まこと

1973年、長野県生まれ。アニメーション監督・小説家。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。以降『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』など次々と作品を発表し、次世代の監督として国内外で高い評価と支持を受けている。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。2013年『言の葉の庭』が全国公開され、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。新作映画『君の名は。』は、2016年11月3日時点で観客動員1354万人、興行収入は176億円を超え、全国映画動員ランキングで9週連続第1位に。映画公開前に50万部を超えた『小説 君の名は。』は130万部を突破。10月には、スペインで行われた第49回「シッチェス・カタロニア国際映画祭」で最優秀長編作品賞を受賞。第60回「BFIロンドン映画祭」では、長編アニメーション映画として史上初の「Official Competition」ノミネートを果たした。

  • スペシャルレポート 2017 Vol. SUGOI JAPAN Award2017 贈賞式レポート
  • スペシャルレポート 2017 Vol. 国民投票 結果発表!
  • スペシャルレポート 2017 Vol.9 コジマプロダクション――宇宙に行くための“輝ける資質(ブライト・スタッフ)”
  • スペシャルレポート 2017 Vol.8 コジマプロダクション――宇宙に行くための“輝ける資質(ブライト・スタッフ)”
  • スペシャルレポート 2017 Vol.7 マンガで表現できる“面白さ”を すべて詰め込んだ歴史冒険活劇
  • スペシャルレポート 2017 Vol.6 世界中の人、テクノロジーと繋がって 体験したことのない エンターテインメントを創る
  • スペシャルレポート 2017 Vol.5 世界中の人、テクノロジーと繋がって 体験したことのない エンターテインメントを創る
  • スペシャルレポート 2017 Vol. 国民投票 TOP5 中間発表
  • スペシャルレポート 2017 Vol.4 アニメで“伝える”ために いちばん必要なものとは
  • スペシャルレポート 2017 Vol. アニおし! SUGOI JAPAN公式サポーター、A応Pが推す今年のアニメノミネート作品はアニメノミネート作品はこれだ!
  • スペシャルレポート 2017 Vol.3 ページから音が聴こえてくる “ジャズ×青春”マンガ
  • スペシャルレポート 2017 Vol.2 小説でしか表現できなかった もうひとつの『君の名は。』とは
  • スペシャルレポート 2017 Vol.1 小説でしか表現できなかった もうひとつの『君の名は。』とは
  • スペシャルレポート 2017 Vol. 投票してGET! 中身が選べるSUGOI JAPAN激レアグッズ

2016

  • スペシャルレポート 2016 Vol. SUGOI JAPAN Award2016 贈賞式レポート
  • スペシャルレポート 2016 Vol. コスプレ撮影ならではのコツがここで学べます。 Cosgenic Lesson
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 国民投票 結果発表!
  • スペシャルレポート 2016 Vol. SUGOI JAPAN Award2016 イメージソング発売決定! 『WAKE ME UP!』 沢井美空 2016.3.2.on sale
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 投票してGET! SUGOI JAPAN福袋の中身大公開!!
  • スペシャルレポート 2016 Vol.7 アニメの持つメッセージは きっと世界に伝わる
  • スペシャルレポート 2016 Vol. いよいよラストスパート!これが大激戦の先頭手段だ!!
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第8限:アニメ 東京大学 アニメーション研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第7限:マンガ 早稲田大学 漫画研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第6限:ラノベ 早稲田大学 SOS団早大支部
  • スペシャルレポート 2016 Vol.6 世界に羽ばたくアニメの可能性
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 国民投票 TOP5 中間レポート
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第5限:エンタメ小説 早稲田大学 ワセダミステリ・クラブ
  • スペシャルレポート 2016 Vol.5 世界に羽ばたくラノベの魅力
  • スペシャルレポート 2016 Vol.4 世界に羽ばたくエンタメ小説の魅力
  • スペシャルレポート 2016 Vol. A応P SUGOI JAPAN Award2016 公式サポーター
  • スペシャルレポート 2016 Vol.3 『ワンパンマン』誕生秘話!こんなにもおもしろい理由が明らかに
  • スペシャルレポート 2016 Vol. ユリコ タイガー SUGOI JAPAN Award2016 アンバサダー 兼 チーフ・エグゼクティブ・コスプレイヤー
  • スペシャルレポート 2016 Vol.2 世界に躍進する日本コンテンツ、 海外での本当の実力は?
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第4限:アニメ 慶應大学 アニメカルチャー研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第3限:マンガ 慶應大学 慶應漫画クラブ
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第2限:ラノベ 京都大学 SF・幻想文学研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol. スゴイ!学生ファンの主張 第1限:エンタメ小説 東京大学 新月お茶の会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 JAPANマニアな外国人が本音で語る 日本コンテンツのSUGOIところとは?

2015

  • スペシャルレポート 2015 Vol.17 キャラクターの力で創る新たな英雄譚『七つの大罪』鈴木央
  • スペシャルレポート 2015 Vol.16 声の演技を通じて思いを伝える!梶裕貴
  • スペシャルレポート 2015 Vol.15 リリカルかつ美しい映像で 世界を魅了する 新海誠
  • スペシャルレポート 2015 Vol.14 マンガは心の栄養補給 溢れるマンガ愛 生駒里奈
  • スペシャルレポート 2015 Vol.13 私の大好きな本 海外に紹介したい本 蒼井優
  • スペシャルレポート 2015 Vol.12 アニメの力で 日本を牽引するクリエイター 新房昭之
  • スペシャルレポート 2015 Vol.11 世界累計1400万部超!『ソードアート・オンライン』 川原礫
  • スペシャルレポート 2015 Vol.10 私がオススメする!この小説、このマンガ 池澤春菜
  • スペシャルレポート 2015 Vol.9 ニート忍者×時代小説で 新しい“日本”を生み出した 万城目学
  • スペシャルレポート 2015 Vol.8 「ラノベ」と「エンタメ小説」ジャンルを超えてノミネート! 冲方丁
  • スペシャルレポート 2015 Vol. マンガやアニメだけじゃない、パフォーマンスで世界へ! が~まるちょば
  • スペシャルレポート 2015 Vol.7 20周年を越えて さらに世界へ飛翔する セーラームーン
  • スペシャルレポート 2015 Vol.6 アニメ、実写映画、展覧会、その激震が世界へ拡大する 進撃の巨人
  • スペシャルレポート 2015 Vol. 美しすぎるロシア人コスプレイヤーだらけの屋形船 アニメ マンガ愛がポロリ!?
  • スペシャルレポート 2015 Vol.5 コスプレイベント仕掛け人が明かすロシアが日本に夢中な理由
  • スペシャルレポート 2015 Vol.4 日本人の知らない日本コンテンツの魅力
  • スペシャルレポート 2015 Vol. ギレルモ兄貴のスゴイお言葉
  • スペシャルレポート 2015 Vol.3 日本オリジナル!少女マンガ世界へ
  • スペシャルレポート 2015 Vol.2 日本の文学を海外の文学賞が注目
  • スペシャルレポート 2015 Vol.1 世界に羽ばたく日本コンテンツの実力