SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

ラノベ SUGOI 20
イエスかノーか半分か
作品名

イエスかノーか半分か(1〜3巻)

著者名
一穂ミチ/著
竹美家らら/イラスト
出版社・出版レーベル
新書館 ディアプラス文庫
刊行
2014年11月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2016年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。

表は王子、裏は毒舌。孤高の人気アナウンサー・国江田計が、運命の相手と出会い心を開いていく様子を描いた人気BL作品。

STORY

国江田計(くにえだ・けい)は人気の若手アナウンサー。アクシデントにもそつなく対応する能力の高さと甘いマスクとが相まって「王子」と称されるほどだが、その内面は「愚民」が口癖の強烈な毒舌キャラ。とはいえ、その性格を完全に制御して表に出すことはなかったため、素の自分でいられるオフの時間だけが癒しだった。あるオフの日、変装して出歩いている時に、取材で知り合ったアニメーション作家の都築潮(つづき・うしお)と遭遇し、不幸にも怪我をさせてしまう。金での解決を提案するも聞き入れられず、計は都築の仕事を手伝う羽目に。しかも都築は、計の正体に気づかないままで……。

作品の魅力

国江田計の二重人格性が丁寧に描かれているため、読者はまずそのギャップの大きさに驚かされるが、同時に、表裏使い分ける彼の努力家としての側面も強調されている。オフを過ごす計が俺様キャラかつ自堕落であればあるほど、むしろ魅力的に見えてくるのだ。また、常に強気な計がもつ最大のギャップは、実は「弱気」であること。素の自分を決して見せまいとする計の生活を、闖入者ともいえる都築がかき乱し、いつしか彼の大事な拠り所になっていく展開が胸に迫る。

投票はここちら