SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

ラノベ 投票対象作品

ラノベ SUGOI 20今の日本を代表するスゴイ作品群。
一般ファンと有識者の推薦をもとに議論を重ね、
20作品を「SUGOI 20」として選出しました。

※サムネール画像をクリックすると、各「SUGOI 20」の詳細情報をご覧いただけます。

※作品掲載順は、50 音順。

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

「SUGOI 20」セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦(2016年7月1日~7月31日)※約1700もの熱い推薦を寄せていただきました。一般推薦にご協力くださった皆様に心からお礼申し上げます。
・大学サークル(15サークルのべ41ジャンル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、32名のべ56ジャンル)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦
次に、これら推薦作品を統合して下地となる集計リストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル20作品を選定いたしました。
その後、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々に許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品を投票対象作品「SUGOI 20」として確定いたしました。

投票対象作品「SUGOI 20」選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回の選定は、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、少しでも多くの優れた作家を選定させていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

作品の対象期間

マンガ、ラノベ:巻数を重ねることで作品の評価がしやすくなる、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
エンタメ小説:文庫化も含めてある程度以上の人が作品に接することができる期間、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
アニメ:シリーズ毎に評価することが一般的であることと、1年間あたりの作品数が多いことから、2015年7月1日~2016年7月31日の過去約1年間を一つの目安としました。

「ラノベ SUGOI 20」選定総評

村上裕一(文芸批評)

村上裕一(文芸批評)

 今回のラインナップは、前2回と比べてかなり陣容が新しくなりました。ライトノベルには、いくつかのキラーコンテンツがフラッグシップとなり、類似のジャンルを護送船団のように引っ張っていくところがあります。そのおかげで安心して楽しめるコンテンツが増えていく反面、マンネリ化していくおそれもある。今回はそれを打ち破るような、既存のジャンルに囚われないライトノベル本来の可能性を見せてくれる、多様な作品がそろったのではないかと思います。
 実際ライトノベルには、ファンタジーや異能バトルなどのお約束要素を最低限満たしていれば、何をやってもいいというような自由さがあります。今回のラインナップも型にはまらない作品ばかりですから、ここを起点にして、今後の5年10年を引っ張っていくうねりが見えてくるのではないかと思わされました。
 これは、異世界転生ものなどの人気ジャンルにおいて、作家性の強い方々が切れ目なく作品を発表し続けてきたおかげではないかと思います。外側から見ると十把一絡げのごとくに見えるかもしれませんが、中身はかなり個性的で非常に豊かです。こういう成熟がなければ、新しいジャンルが生まれ得る転換期には恵まれません。今回の投票で、皆さんは、これから芽吹くだろう新しい作品やジャンルを盛り上げていく機会を得られるのではないかと思います。ぜひ一緒に盛り上げていきましょう。

前島賢(ライター/評論)

前島賢(ライター/評論)

 タイトルだけ見ても蜘蛛にゴブリン、竜王からざるそばと「なんだ、このラインナップは?」と選んだ僕も思わず口にしてしまうほどです。ライトノベルの特徴はやはりそのフットワークの軽さだと思います。あるジャンルが流行れば、すぐにそれをヒネったりパロったりした作品が出てくる。だから勇者じゃなくて蜘蛛に転生したり、戦う相手がドラゴンじゃなくてゴブリンになったりする。あるいは「ヒロインがざるそばです」なんてわけのわからないことを言い出す作品が平然と書店に並んでいたりする。そんなライトノベルの面白さを感じて頂ける作品を選べたと思います。
 また、3回目を迎えるにあたり、過去にノミネートした作品を再びチョイスするより、できるかぎり新しい作品を……という姿勢で臨みましたが、結果、これからのライトノベルを担うフレッシュなタイトルを選ぶことが出来たと思っています。これまでの二回の投票では、知名度の高さもありアニメ化作品が上位に選出されてきましたが、今回から先はむしろ、これからアニメになる作品を先取りしていくような賞になれたらと思っています。そのためにも「これから人気になる作品は自分に聞け」とおっしゃってくださるようなライトノベルの目利きの皆さんに、是非とも投票をお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

三村美衣(書評家)

三村美衣(書評家)

 今回は、ラノベ読者には女性もいるということを踏まえ、少女小説やBL小説を昨年以上に積極的にチェックしました。『イエスかノーか半分か』や『カブキブ!』などは、コアなBLファンは“もっとディープなBL作品がある”と言うかもしれませんが、明るく楽しい青春小説としての魅力を持っています。百合小説である『安達としまむら』も同様で、その点において読者層を越えるのではないかと思います。ラノベというジャンルにおいては、恋愛の一歩先に進むことにナイーブですが、人間が蜘蛛になる設定がありうるならば、男同士や女同士が恋をしてもいいんじゃないかと考えたのです。
 『紅霞後宮物語』の主人公は30代女性ですが、これもまたラノベの読者層が広がっていることを示している気がします。一般的な定義では10~20代の男性かも知れませんが、継続して読み続けて30~40年代になった女性読者の方々が今回のラインナップをどう評価するのか、個人的には楽しみです。
 近年、ラノベの主流は学園ラブコメから再び異世界ものに転換しましたが、それもそろそろ飽和しつつあります。読者層の広がりを含めて、これからどこに向かっていくのか、改めてラノベとは何かを考える時期に来ているのではないでしょうか。その点でも、今を象徴するラインナップになっていると思います。

新城カズマ(作家)

新城カズマ(作家)

 まさか1年でこんなにラインナップが変わるとは思いませんでした。第1回では『永遠の0』を、第2回の昨年は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を入れようとして激論の末敗れた私は、今年もピース又吉の『火花』を入れようと懐に刀を忍ばせていたのですが、そんな必要も感じられない非常にエキサイティングな選考会でした。みなさまのおかげで、今のライトノベル業界を表す、いい意味でむちゃくちゃなリストになったんじゃないでしょうか。
 何が起きても不思議ではないのがラノベのいいところ。まだ定義がかたまっていないくらいに若々しいジャンルです。昨年は、2年後には海に沈むのではないかと業界の先行きを不安視していた私ですが、もうだめかと思いかけたそのときに救世主のような存在があらわれる。個人的には『ざるそば(かわいい)』と『蜘蛛ですが、なにか?』がラノベの未来をつくってくれるのではないかと期待しています。まさかこんなリストが生まれるとは昨年は想像もしていませんでした。来年はきっともっとよくなることを確信しつつ、未来への希望を抱いている次第です。