SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

エンタメ小説 SUGOI 20
ブラックライダー(上・下)
作品名

ブラックライダー(上・下)

著者名
東山彰良
出版社・出版レーベル
新潮社 新潮文庫
刊行
2013年9月刊行

刊行年月は単行本が出版された年月になります。

文明を失い、人間同士で喰らい合うようになった人類。食糧難を解決すべく、新たに開発された「牛」は終末世界の救世主となるか。

STORY

200年後の世界、文明は「六・一六」と呼ばれる核暴走を機に崩壊。凍土に覆われた世界ですべての家畜は死滅し、深刻な食糧危機に見舞われた人類は、当たり前のように人間同士で「喰らいあう」ようになっていた。アメリカ政府はこれを規制。牛と人間の遺伝子をかけあわせた生物を開発し、巨体を持つ二足歩行の新たな「牛」を食肉とすることで難を逃れた。だが「牛」の中には時折、高い知能を持つ個体が生まれていた。一方、共食いを繰り返す人間の身体に謎の寄生虫「蟲」が発生する。空気感染した人々は、蟲に脳を食い荒らされ、次々と命を落としていく。人間にはなすすべもないなか、救世主として現れたのはひとりの「牛」だった――。

作品の魅力

暴力と殺戮が日常の無法地帯で繰り広げられるウェスタン調SF巨編。人が人を喰らう文字通りの「弱肉強食」模様と殺伐とした社会を西部劇の舞台設定でつづった異色作。徹頭徹尾、バイオレンスとヒューマニズムの交差を描いて読者を追い詰めていく。壮大なストーリーは土壇場で大きな謎解きに収束され、法や倫理の崩壊した世界における人のあり方を考えさせる。オリジナリティあふれる物語構成に読者は虜になる。

DATA

・2014年、「このミステリーがすごい!」第3位。
・2013年、「闘うベストテン2013」第1位。

投票はここちら