SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

エンタメ小説 投票対象作品

エンタメ小説 SUGOI 20今の日本を代表するスゴイ作品群。
一般ファンと有識者の推薦をもとに議論を重ね、
20作品を「SUGOI 20」として選出しました。

※サムネール画像をクリックすると、各「SUGOI 20」の詳細情報をご覧いただけます。

※作品掲載順は、50 音順。

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

「SUGOI 20」セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦(2016年7月1日~7月31日)※約1700もの熱い推薦を寄せていただきました。一般推薦にご協力くださった皆様に心からお礼申し上げます。
・大学サークル(15サークルのべ41ジャンル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、32名のべ56ジャンル)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦
次に、これら推薦作品を統合して下地となる集計リストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル20作品を選定いたしました。
その後、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々に許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品を投票対象作品「SUGOI 20」として確定いたしました。

投票対象作品「SUGOI 20」選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回の選定は、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、少しでも多くの優れた作家を選定させていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

作品の対象期間

マンガ、ラノベ:巻数を重ねることで作品の評価がしやすくなる、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
エンタメ小説:文庫化も含めてある程度以上の人が作品に接することができる期間、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
アニメ:シリーズ毎に評価することが一般的であることと、1年間あたりの作品数が多いことから、2015年7月1日~2016年7月31日の過去約1年間を一つの目安としました。

「エンタメ小説 SUGOI 20」選定総評

市川真人(評論/早稲田大学准教授)

市川真人(評論/早稲田大学准教授)

 単に作品としてだけでなく、刊行形態やジャンルの重複なども意識して選ばれたノミネート作品をめぐる今回の投票は、面白い試みになると思います。
 過去2回は、読者それぞれにただ“好き”な作品を選んで投票してもらう前提で、ノミネート作品が議論されてきました。ですが、一口に読者といっても当然のことながら一様ではありません。なにをもってエンターテインメント作品とするかの意識も違う。なにがしかの賞を受賞した知名度を持った作品なのか。文庫化されて自分たちの手に届きやすくなって初めてその枠組みに入るのか。あるいはメディアミックスされた作品なのか……「読者」は、それぞれの価値観のもとでまず作品を手にし、そのうえで“好き”を決めるわけです。
 今年の選考会では、純文学、ミステリ、SF、ファンタジーetc.という「ジャンル」のバラエティはもちろんですが、「どのような属性を持った作品か」も念頭において、ノミネート作品を選びました。そうすることで、今回の投票は、読者のみなさんの“好き”という想いだけでなく、それぞれの「本を読む基準」や「姿勢」も込めて、示していただくことになると思います。『小説 君の名は。』や『羊と鋼の森』、『コンビニ人間』といった基礎部数の高い作品が有利だとは思いますが、『渦森今日子は宇宙に期待しない。』や『ヨハネスブルグの天使たち』など、コアな読者を持つ作品がどう拮抗してくれるか、楽しみなところです。事前の予想を覆す、驚くような、面白い結果が生まれることを期待しています。

大森望(SF/ミステリ評論)

大森望(SF/ミステリ評論)

 今年は、前2回にもまして振り幅の大きい「SUGOI 20」になりました。驚異的なヒットとなった劇場アニメの小説版、本屋大賞や芥川賞に輝く話題のベストセラーから、本格ミステリ、本格SFの分野で高い評価を受けるマニアックな名作、ホラー界期待の新人のデビュー作まで、まさに二十作二十色。普通はまず一緒に並ばない二十作なので、全作品を読んだという方はほとんどいないでしょう。食わず嫌いで手にとっていないジャンルの本があれば、この機会にぜひ試してみてください。個人的には、文庫書き下ろしの作品として、牧野修『月世界小説』が入ったのがうれしいですね。SF界ではすでにベテランの域に入る牧野さんにとって、いわば集大成のような言語SFです。詩人の最果タヒさんのポップな学園小説『渦森今日子は宇宙に期待しない。』も単行本を経由しない文庫オリジナル。こういう小説はなかなか賞の対象になりにくいので、この機会に注目していただければと。エンタメ小説部門は対象となる期間が長いので、文庫化された時点であらためて候補に選ぶことができるのも特徴。たとえば、『ヨハネスブルグの天使たち』は宮内悠介さんの第2作ですが、文庫ではじめて手にとる人も多いはず。東山彰良『ブラックライダー』も、『流』で直木賞を受賞したあとに文庫化された終末SFの傑作です。

杉江松恋(ミステリ評論/ライター)

杉江松恋(ミステリ評論/ライター)

 近年、海外で翻訳された日本のミステリーが再評価され始めており、今年は惜しくも受賞は逃したものの、横山秀夫さんの『64』が英国推理作家協会賞(CWA賞)の翻訳作品部門の最終候補に選出されました。日本のミステリーがいかにおもしろいかを再確認し発信していく年だったと思います。その年を代表するにふさわしい、日本の最先端を示すさまざまな技法を駆使した小説が充実したラインナップだと思います。
 象徴的なのが青崎有吾さんの『ノッキンオン・ロックドドア』。これまで培ってきた技法を生かした謎解きを、キャラクター小説の体裁で練り直した、新しさを感じる作品です。ゲームの外伝を小説にした『ダンガンロンパ』や、奇想天外な設定をもつ『東京結合人間』など、これまで類を見なかった作品も増えています。
 もしかしたら、ある世代の人からは見慣れない作家の名前も多いかもしれません。ですがこれまで、賞のたぐいに見かけるのはビッグネームばかりだと不満を持っていた人にとっては「ついにきた」と思ってもらえるようなラインナップでしょう。いい意味で、ウェルメイドな作品はひとつもない。予定調和を壊した作品ばかりなので、手に取ってみると全然知らない小説の世界に読者は出会えるはずです。