SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ SUGOI 20
BLUE GIANT
作品名

BLUE GIANT(1〜8巻)

著者名
石塚真一
出版社・出版レーベル
小学館 ビッグコミックススペシャル
刊行
2013年12月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2016年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。
※第9巻2016年9月発売。

世界一のジャズプレーヤーを目指す主人公の激しい情熱に心揺さぶられる。ページからジャズの音圧まで伝わってくる傑作音楽マンガ。

STORY

友人に連れてられて行ったライブハウスで初めてジャズの生演奏を聴いて心を打たれた宮本大(みやもと・だい)。高校の部活のバスケットでは身体的な限界があることを知ったが、音にはきっとそれがない。「世界一のジャズプレーヤーになる」と決めた大は、どしゃ降りの雨の夜も真夏の炎天下も雪の降る大晦日も、毎日ひたすらサックスを吹き続ける。楽譜は読めず、スタンダードナンバーも知らない大だったが、その熱くて激しい音には人を惹きつける“何か”があった。情熱を注ぎ込んだ演奏で周囲の人間を魅了しながら、大はジャズプレーヤーとして成長していく。

作品の魅力

山岳救助をモチーフにした『岳-みんなの山-』で第一回マンガ大賞を受賞した石塚真一が、ジャズにすべてをかけて生きる男を描く。ジャズに対して真っ直ぐでどこまでも情熱的な大のキャラクターとその仲間たちとのエモーショナルなドラマに引き込まれ、ほとばしる熱に心を揺さぶられる。そんな青春の熱さと共に聴こえるはずのない音楽がページから響き渡るように伝わってくる演奏シーンはまさに圧巻。ジャズに興味がない人でも思わず聴いてみたくなるはず。現在、海外へ渡った大の活躍を描く続編『BLUE GIANT SUPREME』が連載中。

DATA

・発行部数、累計170万部超(2016年時点)。

投票はここちら