SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ SUGOI 20
ゴールデンカムイ
作品名

ゴールデンカムイ(1〜7巻)

著者名
野田サトル
出版社・出版レーベル
集英社 ヤングジャンプコミックス
刊行
2015年1月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2016年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。

©野田サトル/週刊ヤングジャンプ・集英社

埋蔵金を見つける鍵は、囚人に彫られた刺青! アイヌ人の少女とともに狩猟グルメを味わいながら、謎を追い死闘を繰り広げる冒険ロマン。

STORY

「不死身の杉元」と呼ばれた元陸軍兵・杉元佐一(すぎもと・さいち)は、ある目的のため大金を求めていたところ、死刑囚の男がアイヌ人を皆殺しにして奪った埋蔵金の存在を知る。現代における8億円相当の金塊を、男は北海道のどこかに隠したというのだ。今も監獄にいる男が、同房の囚人たちに彫った刺青こそが宝のありかを示す地図。手に入れるためには、脱走した囚人たち全員を捕まえなくてはならない。殺されたアイヌ人の娘だという少女・アシㇼパとともに金塊の行方を追う杉元だったが、その旅は人々の欲望と数々の危険に満ち溢れていた……。

作品の魅力

本作の中心筋は、金塊をめぐる謎と死闘を描いた冒険ロマンだ。杉元の手に入れた刺青を奪おうと次々と刺客が襲ってくるため常に緊張感が漂っているが、一方で、アシㇼパとの旅が失われたアイヌ人の生態をつぶさに描きだしており民俗マンガとしての側面も大きい。なかでも注目すべきは狩猟が基本の食文化。道中で仕留めた獣を調理する描写をめぐっては、殺伐とした雰囲気は掻き消え、やや食い意地の張っているアシㇼパを中心に、ギャグコメディの要素も強くなる。マンガに投入可能なあらゆる要素を詰め込んだ、まったく新しい歴史マンガなのである。

DATA

・2015年、「コミックナタリー大賞2015」第2位。
・2015年、「このマンガがすごい!2016」(オトコ編)第2位。
・2016年、「マンガ大賞2016」大賞受賞。
・発行部数、累計220万部超(2016年時点)。

投票はここちら