SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ SUGOI 20
弟の夫
作品名

弟の夫(1〜2巻)

著者名
田亀源五郎
出版社・出版レーベル
双葉社 アクションコミックス
刊行
2015年5月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2016年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。

死んだ弟の結婚相手は外国人の“男性”だった。初めて向き合う異文化への戸惑いと受容、多様な家族像を提示しようとする意欲作。

STORY

小学生の娘・夏菜(かな)とふたりで暮らしている弥一(やいち)のもとを、カナダからマイクという男が訪ねてくる。マイクは弥一の双子の弟・涼二(りょうじ)の結婚相手だった。涼二がカナダで亡くなり、マイクは愛した男の故郷を自分の目で見てみたくなったのだ。マイクは弥一の家にしばらく滞在することになり、幼い夏菜は突然現れたカナダ人の“おじさん”に興奮。初めて聞く父の双子の話やその同性婚について驚きながらもすぐにマイクと仲良しになる。一方、弥一は自分のなかにあったゲイに対する偏見に気づき、戸惑いや迷いを感じながらもマイクを家族として受け入れようとしていく。

作品の魅力

ゲイ・エロティックアート界の巨匠として海外でも評価が高い田亀源五郎(たがめ・げんごろう)が、初めて一般のマンガ誌で連載する同性愛をテーマにしたホームドラマ。子供ならではの純粋さで何のてらいもなく同性愛者であるマイクを受け入れる夏菜とさまざまな葛藤を覚える弥一の対比は、同性愛に対する誤解を持った読者がいれば、それを解くきっかけにもなるだろう。マイクの涼二への愛の深さを知ることで亡き弟への思いを新たにし、同時にそんな弟の夫としてマイクを受け入れて家族としての絆を育んでいく弥一の成長、普遍的な家族愛の機微が読者の胸を打つ。

DATA

・2015年、第19回「文化庁メディア芸術祭」(マンガ部門)優秀賞受賞。

投票はここちら