SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ 投票対象作品

マンガ SUGOI 20今の日本を代表するスゴイ作品群。
一般ファンと有識者の推薦をもとに議論を重ね、
20作品を「SUGOI 20」として選出しました。

※サムネール画像をクリックすると、各「SUGOI 20」の詳細情報をご覧いただけます。

※作品掲載順は、50 音順。

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

「SUGOI 20」セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦(2016年7月1日~7月31日)※約1700もの熱い推薦を寄せていただきました。一般推薦にご協力くださった皆様に心からお礼申し上げます。
・大学サークル(15サークルのべ41ジャンル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、32名のべ56ジャンル)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦
次に、これら推薦作品を統合して下地となる集計リストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル20作品を選定いたしました。
その後、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々に許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品を投票対象作品「SUGOI 20」として確定いたしました。

投票対象作品「SUGOI 20」選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回の選定は、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、少しでも多くの優れた作家を選定させていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

作品の対象期間

マンガ、ラノベ:巻数を重ねることで作品の評価がしやすくなる、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
エンタメ小説:文庫化も含めてある程度以上の人が作品に接することができる期間、という理由から、2013年1月1日~2016年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
アニメ:シリーズ毎に評価することが一般的であることと、1年間あたりの作品数が多いことから、2015年7月1日~2016年7月31日の過去約1年間を一つの目安としました。

「マンガ SUGOI 20」選定総評

さやわか(ライター/物語批評)

さやわか(ライター/物語批評)

 今年もまた、これぞ今の日本のマンガということを示すことのできるラインナップになったと思います。
 過去3年で連載開始した作品という縛りのある中で、すでに完結したものよりも、ちょうどいま面白くなってきた連載中のマンガを入れることを意識しました。あるいは1巻完結の話題性あるマンガです。それを手に取ればすぐにおもしろさがわかるもの、また海外の方にも「これが今のマンガだ」とわかっていただきやすいものをそろえたつもりです。そのなかでも『僕のヒーローアカデミア』は昨年からの連続になりますが、前回のノミネート時点で4巻だったものが今回9巻となり、かつ今年はアニメ化もされさらに多くの読者支持を集めました。その勢いが内容にもフィードバックされ、単純なヒーローものではないおもしろさがある作品に育っています。また、フランスで売り上げNо.1を記録するなど海外での評価も高まっていますので、選ばれるべくして選ばれたと思います。
 また『Gのサムライ』というお下劣なマンガが選ばれたのは、田中圭一さんというマンガ家がいるということをさらに世に知らしめる必要があると思ったからです。過去のマンガ表現を深く探求し、同時に多様性へ挑戦し続けてきた彼の作品もまた、今の日本を代表するものだと思います。

門倉紫麻(マンガライター)

門倉紫麻(マンガライター)

 リストを見た方たちがそれだけで「なんか面白そうだな」と思えるようなラインナップにしたいと毎回思っていますが、今回も達成できた実感があります。SUGOI JAPAN Awardも3年目を迎え、なんとなく方向性も定まってきたような感がありますが、それをあえて壊しながら今回も粒ぞろいの作品が選ばれたと思います。
 意図していたわけではありませんが、今年は、『弟の夫』や『先生の白い噓』など性について考える作品が多かったです。『先生の白い嘘』は、現代の日本女性を象徴する作品でもあります。『プリンセスメゾン』や『逃げるは恥だが役に立つ』も同様で、日本女性ならではの悩みや生き方が描かれているものを、海外の女性が読んでどう思うのか。共感するのか、それともまるで理解できないのか、どちらの場合でもその話を聞いてみたいと思えるものを、という方向性になりました。
 ジャンルの多様性だけでなく、同じジャンルであっても読後感が異なる幅広さがあるのがマンガのいいところ。必ずしも楽しい、嬉しい、だけの感情ではなく、もしかしたらざらりとした気持ちにさせられたり怖かったりすることもあるかもしれませんが、それも含めて面白く読める作品群になったと思います。

斎藤宣彦(編集者/マンガ研究)

 過去3年半に刊行された作品を選ぶため、もしかしたら昨年のノミネート作品に重なる部分が多くなってしまうのではないかと懸念していましたが、意外なほどに新しい形でノミネート20作品を選ぶことができました。この1年の間に読み応えのある作品が新たにたくさん生まれたことの証明でもあり、完結していない連載途中の作品がどんどん勢いを増して読みどころを増やしているということでもあると思います。
 いわゆる王道作品が少ないのも特徴です。セクシャリティを扱ったもの、エッセイマンガといった内容のバラエティはもちろん、そしてWEB発信の作品もノミネートされており、マンガが雑誌や単行本だけで読まれるものでなくなったということを示しています。あらゆる意味でマンガの多様性を表現できたのではないでしょうか。
 また、一部の作品をのぞいては、ほかのメディアと絡んだ展開をしていないものも多く揃っています。このリストを見て初めて作品を知るという方も多いでしょう。自分の好きなマンガに投票していただきたいのはもちろんですが、驚きや発見とともに、手に取って読んでほしいです。