SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

アニメ SUGOI 20
灰と幻想のグリムガル
作品名

灰と幻想のグリムガル

監督
中村亮介
制作
A-1 Pictures
パッケージ発売
東宝
放送スタート・公開時期
2016年1月放送スタート

「灰と幻想のグリムガル」
Blu-ray&DVD全6巻好評発売中
発売・販売元:東宝

©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

記憶もお金も特別な力もない中、見知らぬ世界で生計を立てるためにモンスターと戦うことになってしまった少年少女たちの群像劇。

STORY

名前以外の記憶もないまま「グリムガル」と呼ばれる世界で目を覚ました少年ハルヒロ。周りには、同じように何の記憶もない11人の男女がいた。ハルヒロは5人の仲間とパーティを組み、義勇兵として魔物とを討伐し生計を立てることになる。住む場所も、金も、食べ物もない状況では、そうやって生きていくしかなかったのだ。グリムガルで一番弱いゴブリン1匹倒すことにさえ苦労していたハルヒロのパーティだったが、少しずつ成長し、お互いに助け合いながら戦う術を身につけていく。ところが、ほんの少しの油断が思わぬ事態を招くことに……。

作品の魅力

原作は十文字青(じゅうもんじ・あお)のライトノベル。本作で特徴的なのはファンタジー世界における日常生活の描き方。町の外でのモンスターとのバトルは、生きるための糧を得る手段であることが明確に描かれており、「グリムガル」で生きるキャラクターたちに強い現実感を与えている。設定に合わせて、人物のデザインや描写も若干リアル寄り。水彩画のようなタッチで描かれた背景や、日常シーンの細かな仕草から、緊迫感の伝わる命がけの戦闘シーンまで丁寧に描いた作画は高く評価されている。

投票はここちら