SUGOI JAPAN

MANGA SUGOI 20
ディザインズ
作品名

ディザインズ(1巻)

著者名
五十嵐大介
出版社・出版レーベル
講談社 アフタヌーンKC
刊行
2016年2月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2016年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。

動物の身体能力と人間の知能を併せ持つ異形の人化生物たち。倫理なき遺伝子操作が揺るがす人類の近未来を描いたハードSFマンガ。

STORY

動物の驚異的な身体能力と人間の知能を融合させた異形の生物HA(ヒューマナイズド・アニマル)。非情かつ冷徹な策略家たちの遺伝子操作によって秘密裏に開発されたHAの一部は、殺戮のための現場へと投入され人間たちが次々と犠牲となっていく。彼らははたして動物なのか?人間なのか? 生命科学の倫理を踏み越えた人化生物をデザインしたのは誰で何が目的なのか? その背景には人類の未来の光と闇にかかわる利権ビジネスと壮大な計画が横たわっていた――。

作品の魅力

豹の身体を持つ美女からカエルやヘビなどの両生類、草木にいたるまで精緻で濃密な美しい画力にまず圧倒される。風、匂い、音といった五感に訴える描写も想像を掻き立て、異形たちの躍動感あふれるアクションシーンにも興奮。シリアスな内容を超越した幻想的な世界観も読者を魅了する。動物と人間の融合体「キメラ」研究については現実世界でも物議を醸している問題である。生命科学と生命倫理は表裏一体であり、そのテーマに人類の未来と人化生物を関連づけたハードSFで切り込んだ意欲作に読者の期待は高まるばかりだ。