SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

日本のスゴイ作品は数えきれない!日々作品を研究している大学サークルのみなさんに、 自分たちの考えるスゴイ!について語ってもらいました。 第3限:マンガ 慶應大学 慶應漫画クラブ (1)波よ聞いてくれ 沙村広明 北の大地×ラジオ×スープカレー=新種の守ってあげたい系。 (2)東京喰種 石田スイ 主人公の苦悩と葛藤が描かれた初期から続くダークな雰囲気がいい。 (3)魔法使いの嫁 ヤマザキコレ 魔法の世界のしきたりなど世界観がよい。設定がとても組まれているわけではないが、作品の雰囲気がよい。 (4)ReLIFE 夜宵草 日本の大人にこそお勧めしたい。高校生同士の青春と大人の世界が交錯しているさまが面白い! (5)ダンジョン飯 九井諒子 何よりも発想で勝っている。“ダンジョン”というよくある設定をこうも面白い方向性で書けるとは…!! (6)亜人 桜井画門 設定がよく出来ていること、リアリティの入れ方が上手い。毎話ハラハラさせられて面白い。 (7)聲の形 大今良時 主人公の内面の葛藤、考え方がよく描かれ、思考の変化が分かり成長が分かる。 (8)僕のヒーローアカデミア 堀越耕平 この作品は主人公がマイナスから努力だけで登っていくタイプで、アメコミなどに慣れている人でも抵抗がない。 (9)重版出来! 松田奈諸子 出版業界の知られざる世界を見ることができ、職業に燃える熱さが涙をそそる。 (10)ULTRAMAN 清水栄一・下口智裕 特撮ウルトラマンを知らなくてもザ・ヒーローものとして十分楽しめる。展開の今後が気になる作品。 (11)ボールルームへようこそ 竹内友 熱いスポ根展開と圧倒的躍動感溢れるコマの表現力が素晴らしい。 (12)ラーメン大好き小泉さん 鳴見なる ミステリアス美少女とラーメンの組み合わせが癒しと空腹感をもたらす。

日本漫画を外から眺める人たちへ

日本漫画の発展は留まる事を知らないかのようですね。コミックという媒体において、既に日本の存在感が不動のもとなりつつあるのはご存じの通りです。過去の名作だけでも、人間の一生分の嗜好品として事足りると言って過言ではないかもしれない。しかしながら、近年の日本漫画が以前とは異なる方向に舵を進ませていることは、是非とも耳に入れておきたい。そして、願わくは、日本漫画の新しい可能性を「過去」のものではなく「今」のものとして渦中で体感してほしい。

 ではでは、あらためまして。今回ご紹介したいのは、日本のここ10年のトレンドを代表する漫画です。一見すると、まったく雑多で統一性も感じられないことでしょう。その通り!それこそが、「今」の日本漫画なのです。個別に詳しく見ていきましょう。
 まず(1)『波よ聞いてくれ』。「北の大地×ラジオ×スープカレー=新種の守ってあげたい系」、この文言のままのカオス感。夢の欠片もない大人たちによるドタバタ劇は、北米のテレビドラマを彷彿とさせる形式の中に日本独自の空気感を垣間見させてくれる。(2)『東京喰種』は所謂ダークファンタジー。異形となった主人公の葛藤や苦悩はアメコミでもお馴染みのネタですが、ストレートなグロテスクさの伴うバトルモノとしても楽しめます。(3)『魔法使いの嫁』は異色の現代魔法ファンタジー。設定が深く練り込まれているという訳ではないものの、魔法の世界のしきたりなど、世界観や作品の雰囲気そのものが二つとないものかと。次に(4)『ReLIFE』。日本の社会問題、ニート。単なる無職でもなく、大人と子供の狭間にいるという彼らの特質を利用した新しい作品です。(5)『ダンジョン飯』はグルメ・アドベンチャーという想像しがたいジャンルの作品。発想の転換というか、既存のジャンル2つをこうも奇想天外に組み合わせてくるとは……。パーツだけならば世界中・普遍的に存在するのに、これまで誰も考え付かなかったという斬新さには興奮せざるを得ないでしょう。

(6)『亜人』はバトル・サスペンス作品。毎回ハラハラさせられるのが第一ですが、設定の出来やリアリティの入れ方が巧みで、緩急のついた流れが素晴らしい。(7)『聲の形』は、障碍者とそうでない人の在り方を突き詰めた問題作です。内容の際どさから一度お蔵入りとなったこともあるほどで、とにかく心が揺さぶられる。いじめに対する不快感の一方で、自分が同じ状況にいたら加担することがなかっただろうかという不安も持たせて来る。人間関係の相対性。双方向性の描写がこの作品のキモです。翻って、(8)『僕のヒーローアカデミア』は王道のヒーロー漫画。アメコミへのリスペクトを伴いつつ、主人公がマイナスから努力だけで上へ登っていくという点は、当に「日本的アメコミ」という評がぴったり。
(9)『重版出来!』はリアリティを武器にした業界漫画。職業に燃える熱さもさることながら、それが「漫画」という印刷媒体で行われるという、メタフィクション的な面白味がある。(10)『ULTRAMAN』は日本の国民的特撮作品を下敷きにしたSF作品。ウルトラシリーズのイメージを利用しつつも、大きくアレンジされており、単なるリメイクに留まらない魅力があります。(11)『ボールルームへようこそ』は社交ダンスをテーマにしたスポーツもの。優雅な外見に反したアツいスポ根展開、それを表現する圧倒的躍動感の溢れるコマの表現力が素晴らしい作品です。最後になりますが、(12)『ラーメン大好き小泉さん』はミステリアス美少女とラーメンによる癒し系グルメ漫画。日本で確立され、海外でも人気を得ている食品ですが、「本物」がどういったものなのか、この作品を通して改めて確認してください(そして、共に空腹感に浸りましょう)。

さて、ここまで読めば十分にご理解いただけたでしょう。数十年に渡って発展を続けてきた日本漫画の中で、より如実になった「多様化・多極化」。今や、皆が同じ作品を楽しむのではなく、積み上げられた宝の中から自分の好みに応じて作品を選べる時代になったのです。なんと贅沢なのでしょうか。あなたもこの流れに乗って、宝の海に溺れてみてはいかが?

慶應大学:慶應漫画クラブ
慶應漫画クラブは50年以上の歴史を持つ伝統ある漫画サークルです。現在会員は50名前後で留学生も多く在籍しています。主な活動は年2回の部誌の発行と学園祭での似顔絵描きです。近年はミス慶應コンテストやHot in Japan、他大学の学園祭実行委員などの依頼を受けて漫画やイラストを提供するなど、活動の幅を広げています。

  • スペシャルレポート 2016 Vol. SUGOI JAPAN Award2016 贈賞式レポート
  • スペシャルレポート 2016 Vol. コスプレ撮影ならではのコツがここで学べます。 Cosgenic Lesson
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 国民投票 結果発表!
  • スペシャルレポート 2016 Vol. SUGOI JAPAN Award2016 イメージソング発売決定! 『WAKE ME UP!』 沢井美空 2016.3.2.on sale
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 投票してGET! SUGOI JAPAN福袋の中身大公開!!
  • スペシャルレポート 2016 Vol.7 アニメの持つメッセージは きっと世界に伝わる
  • スペシャルレポート 2016 Vol. いよいよラストスパート!これが大激戦の先頭手段だ!!
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第8限:アニメ 東京大学 アニメーション研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第7限:マンガ 早稲田大学 漫画研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第6限:ラノベ 早稲田大学 SOS団早大支部
  • スペシャルレポート 2016 Vol.6 世界に羽ばたくアニメの可能性
  • スペシャルレポート 2016 Vol. 国民投票 TOP5 中間レポート
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第5限:エンタメ小説 早稲田大学 ワセダミステリ・クラブ
  • スペシャルレポート 2016 Vol.5 世界に羽ばたくラノベの魅力
  • スペシャルレポート 2016 Vol.4 世界に羽ばたくエンタメ小説の魅力
  • スペシャルレポート 2016 Vol. A応P SUGOI JAPAN Award2016 公式サポーター
  • スペシャルレポート 2016 Vol.3 『ワンパンマン』誕生秘話!こんなにもおもしろい理由が明らかに
  • スペシャルレポート 2016 Vol. ユリコ タイガー SUGOI JAPAN Award2016 アンバサダー 兼 チーフ・エグゼクティブ・コスプレイヤー
  • スペシャルレポート 2016 Vol.2 世界に躍進する日本コンテンツ、 海外での本当の実力は?
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第4限:アニメ 慶應大学 アニメカルチャー研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第3限:マンガ 慶應大学 慶應漫画クラブ
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第2限:ラノベ 京都大学 SF・幻想文学研究会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 スゴイ!学生ファンの主張 第1限:エンタメ小説 東京大学 新月お茶の会
  • スペシャルレポート 2016 Vol.1 JAPANマニアな外国人が本音で語る 日本コンテンツのSUGOIところとは?

2015

  • スペシャルレポート 2015 Vol.17 キャラクターの力で創る新たな英雄譚『七つの大罪』鈴木央
  • スペシャルレポート 2015 Vol.16 声の演技を通じて思いを伝える!梶裕貴
  • スペシャルレポート 2015 Vol.15 リリカルかつ美しい映像で 世界を魅了する 新海誠
  • スペシャルレポート 2015 Vol.14 マンガは心の栄養補給 溢れるマンガ愛 生駒里奈
  • スペシャルレポート 2015 Vol.13 私の大好きな本 海外に紹介したい本 蒼井優
  • スペシャルレポート 2015 Vol.12 アニメの力で 日本を牽引するクリエイター 新房昭之
  • スペシャルレポート 2015 Vol.11 世界累計1400万部超!『ソードアート・オンライン』 川原礫
  • スペシャルレポート 2015 Vol.10 私がオススメする!この小説、このマンガ 池澤春菜
  • スペシャルレポート 2015 Vol.8 「ラノベ」と「エンタメ小説」ジャンルを超えてノミネート! 冲方丁
  • スペシャルレポート 2015 Vol. マンガやアニメだけじゃない、パフォーマンスで世界へ! が~まるちょば
  • スペシャルレポート 2015 Vol.7 20周年を越えて さらに世界へ飛翔する セーラームーン
  • スペシャルレポート 2015 Vol.6 アニメ、実写映画、展覧会、その激震が世界へ拡大する 進撃の巨人
  • スペシャルレポート 2015 Vol. 美しすぎるロシア人コスプレイヤーだらけの屋形船 アニメ マンガ愛がポロリ!?
  • スペシャルレポート 2015 Vol.5 コスプレイベント仕掛け人が明かすロシアが日本に夢中な理由
  • スペシャルレポート 2015 Vol.4 日本人の知らない日本コンテンツの魅力
  • スペシャルレポート 2015 Vol. ギレルモ兄貴のスゴイお言葉
  • スペシャルレポート 2015 Vol.3 日本オリジナル!少女マンガ世界へ
  • スペシャルレポート 2015 Vol.2 日本の文学を海外の文学賞が注目
  • スペシャルレポート 2015 Vol.1 世界に羽ばたく日本コンテンツの実力