SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

ラノベ 投票対象作品

ラノベ SUGOI 20今の日本を代表するスゴイ作品群。
一般ファンと有識者の推薦をもとに議論を重ね、
約20作品を「SUGOI 20」として選出しました。

※サムネール画像をクリックすると、各「SUGOI 20」の詳細情報をご覧いただけます。

※作品掲載順は、50 音順。

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

「SUGOI 20」セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦(7月1日~7月31日)※約1500もの熱い推薦を寄せていただきました。一般推薦にご協力くださった皆様に心からお礼申し上げます。
・大学サークル(26サークル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、のべ45名)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦
次に、これら推薦作品を統合して下地となる集計リストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル20数作品を選定いたしました。
その後、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々に許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品を投票対象作品「SUGOI 20」として確定いたしました。

投票対象作品「SUGOI 20」選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回の選定は、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、少しでも多くの優れた作家を選定させていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

作品の対象期間

マンガ、ラノベ:巻数を重ねることで作品の評価がしやすくなる、という理由から、2012年1月1日~2015年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
エンタメ小説:文庫化も含めてある程度以上の人が作品に接することができる期間、という理由から、2012年1月1日~2015年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
アニメ:シリーズ毎に評価することが一般的であることと、1年間あたりの作品数が多いことから、2014年7月1日~2015年7月31日の過去約1年間を一つの目安としました。

「ラノベ SUGOI 20」選定総評

村上裕一(文芸批評)

村上裕一(文芸批評)

 昨年と今年では対象年月が異なるので単純な比較はできませんが、今年はどちらかというと、一時期のライトノベルの主流であった空気系作品がなりをひそめ、ファンタジーなどの物語性の強いものが多く選ばれました。日常を舞台にしたラブコメでも、いわゆるオタクの少年少女たちの現実をそのまま作品に取り込んだというより、そうした題材をもとに、ものづくりをしたり業界体験をしたりという別の軸での物語をとりいれている傾向があると思います。ライトノベルというジャンルそのものが、物語性を再興させようとしているのではないかと感じると同時に、これまでの流れを継承したうえでの多様性も感じました。なりをひそめたといっても空気系が消失したわけではなく、その要素を物語によって多様な取り入れ方、描き方をしているということなのです。それはむしろ、ライトノベル読者の関心が広がっていっていることを示しているのかもしれません。
 SUGOI JAPANが今後も続いていくとすれば、一年ごとにかなりちがう表情を見せる結果となるでしょう。そんな生き物のようなリストとなりましたので、このノミネート作品に対して日本の皆さんがどう投票していくのか興味深く見守りたいと思います。

前島賢(ライター/評論)

前島賢(ライター/評論)

 ライトノベルというのは事実上、評論が存在しないメディアです。基本的には、どれだけ売れたか、どれだけ多くの読者に支持されたかが評価のすべて。新人賞をのぞき、発表済みの作品に与えられる「文学賞」のようなものは存在しません。そうした「権威のなさ」こそ、ライトノベルの風通しの良さを生んでいると思います。ですので皆様にSUGOI JAPANへ投票していただくにあたり、自分のようなセレクターがノミネート作品を選定してしまうのは、そんな「風通しのよさ」を損なってしまうのでは、と悩むところではありました。
 しかし、せっかくこうした機会を与えていただいたわけですから、部数基準とはまた違った、できるかぎり多様な作品を内包したリストになるよう心がけたつもりです。この作品が入っているなんて、と驚かれる方も多いはず。他方、そのせいで、流行のジャンル……たとえばファンタジー戦記では『覇剣の皇姫アルティーナ』『グラウスタンディア皇国物語』などいくつもの人気作がノミネートから外れることとなってしまい、そのことについてはお詫び申し上げます。
 そうした点はあれど、世界の皆様に先駆け、まず日本の皆様に、ライトノベルの奥深さ、多様さ……SUGOIを知ってもらえるリストになったのではないかと考えております。

三村美衣(書評家)

三村美衣(書評家)

 ライトノベルにとって「三年」という区切りは象徴的で、人気のない作家は消えていき、人気のある作家はちょうど作品がアニメ化されるかどうかというタイミング。今回のノミネート作品を見ると、地味によかったものと今後ますます伸びるだろうという期待感のあるものが入り混じっており、それがこの区切りによる効果だと思うのですが、そのぶん選定するのは難しかったです。
 結果的にはバラエティに富んだ面白い作品が揃ったように見えますが、意地悪な言い方をすると大ヒットがないということ。逆に楽観的な見方をすれば、幅が広がったことで可能性を押し広げたともいえ、来年以降の期待が高まります。『デュラララ!!』や『ソードアート・オンライン』のように既に人気のあったシリーズが形を変えて新シリーズとして紡がれていく形式も興味深く、読者がそこから過去の作品に遡るという楽しみ方ができるようになった、という点にも、ライトノベルの幅が広がってきたことを感じます。
 惜しむらくは少女小説をノミネートできなかったこと。とはいえ近年はライトノベルも男性だけのものではありませんし、女性ファンも多い野村美月さんなどの作品をノミネートできたことで吸収はできたかなと思います。

新城カズマ(作家)

新城カズマ(作家)

 昨年は『永遠の0』をノミネートさせようとして激論の末敗れた私ですが、今年は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を入れようとして激論の末敗れました。ということで来年はさらに頑張りたいと思っております。
 今回は過去三年間という枠内での選考でしたが、十年という枠とはまた別の苦しみがありました。個人的には、この三年間でライトノベル業界には大きな地殻変動が起きはじめているという気がしています。『日本沈没』の田所博士のひそみにならいますと「最悪の場合、今後二年以内にライトノベル業界は海の下に沈む」もしくは逆に「未知の大隆起が起きて大ヒットし、すべてを席巻する」かも、という予感がするのです。これまで用いてきた私の分析方法が通用しない何かが起きつつあるぞ、と。私自身も今後の動向に注目していきたいと思っておりますので、皆さまもどうぞ一緒に見守ってください。よろしくお願いいたします。