SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

エンタメ小説 SUGOI 20
PK
作品名

PK

著者名
伊坂幸太郎
出版社・出版レーベル
講談社 講談社文庫
刊行
2012年3月刊行

刊行年月は単行本が出版された年月になります。

一人の男がワールドカップのPKゴールを導き、歴史を変えた。ヒーローの勇気が時空を超えて起こす奇跡を描いたSF小説。

STORY

ワールドカップ予選で決められたひとつのPKゴール。彼をその場所へ導いたのは、若い時に遭遇したひとりの議員が赤ん坊を助ける姿だった。その議員は大臣となり、再び自分の勇気を試される場面に直面していた……。表題作「PK」、未来からの予言メールを受信する男を描いた「超人」、握手すると人の時間を6秒間奪える男が主人公の「密使」。独立しているかに見える三つの物語は“ヒーロー”の存在を中心に少しずつつながり、読者が“あること”に気がついたとき、新たな物語へと姿を変える。誰かの勇気が時空を超えて未来を変える奇跡を描いたSF。

作品の魅力

作品全体に張り巡らされた伏線を回収し、読者に爽快な読後感を与えることでおなじみの著者。彼はこの作品で、伏線を回収するだけではなく、時を越え、複数の世界を行き来しながら、一つの物語を作ることに成功している。「PK」と「超人」で散りばめられていた物語の欠片は、ラストの「密使」によって見事に一つの世界へと繋がっていくのである。物語の主題は、歴史を変えることさえできる“ヒーロー”の勇気。本作からは、東日本大震災で被災し未来への希望を願う著者からの、逆境に立ち向かうヒーローたちへの敬意をも感じることができる。

投票はここちら