SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ SUGOI 20
モンスター娘のいる日常
作品名

モンスター娘のいる日常(1~8巻)

著者名
オカヤド
出版社・出版レーベル
徳間書店 リュウコミックス
刊行
2012年9月刊行スタート

※巻数表記はノミネート作品のエントリー締め切り(2015年7月31日)時点のものです。現在は続巻が刊行されている場合があります。

亜人種との恋愛はちょっとセクシーでいつもドタバタ! かわいいモンスター娘たちとの同居生活を描く異色のハーレムラブコメ。

STORY

政府に秘匿された人類以外の種族の存在が明らかになり、彼らとの交流の促進を目的とした他種族間交流法が制定された。一人暮らしの青年・来留主公人は、他種族間コーディネーター・墨須の手違いによって半人半蛇のラミア族のミーアと同居することになってしまう。一方的に好意を寄せるミーアに何度も迫られる公人。しかし、他種族を傷つけることは固く禁じられており、種族を代表するミーアの純潔を散らすようなことがあれば外交問題だ。誘惑に打ち勝とうと必死な公人のもとに、ほかにも続々と他種族の女の子たちがやってきて――。

作品の魅力

一人の男性主人公にタイプの異なる複数の女の子たちが好意を抱く“ハーレムもの”は、日本のマンガやライトノベルでは珍しくない設定だが、本作は女の子たちがすべてハイ・ファンタジーで馴染みのあるモンスターの種族になっている点が新しい。生態や習性、文化の違いによる衝突が実際に亜人種と同居したらどんなトラブルが起こるのかをシミュレーションしつつ、ギャグを絶妙に織り込む。美しくも人間とはまったく異なる女の子たちの姿態は、独特のエロティシズムをも生み出している。人間以外の他種族に対してもまったく差別をせず、逆に偏見から守ろうとする主人公のキャラクターも魅力的だ。

DATA

・累計180万部突破(2015年時点)
・2015年、アニメ化。

投票はここちら