SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

マンガ 投票対象作品

マンガ SUGOI 20今の日本を代表するスゴイ作品群。
一般ファンと有識者の推薦をもとに議論を重ね、
約20作品を「SUGOI 20」として選出しました。

※サムネール画像をクリックすると、各「SUGOI 20」の詳細情報をご覧いただけます。

※作品掲載順は、50 音順。

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

「SUGOI 20」セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦(7月1日~7月31日)※約1500もの熱い推薦を寄せていただきました。一般推薦にご協力くださった皆様に心からお礼申し上げます。
・大学サークル(26サークル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、のべ45名)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦
次に、これら推薦作品を統合して下地となる集計リストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル20数作品を選定いたしました。
その後、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々に許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品を投票対象作品「SUGOI 20」として確定いたしました。

投票対象作品「SUGOI 20」選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回の選定は、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、少しでも多くの優れた作家を選定させていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

作品の対象期間

マンガ、ラノベ:巻数を重ねることで作品の評価がしやすくなる、という理由から、2012年1月1日~2015年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
エンタメ小説:文庫化も含めてある程度以上の人が作品に接することができる期間、という理由から、2012年1月1日~2015年7月31日の過去約3年半を一つの目安としました。
アニメ:シリーズ毎に評価することが一般的であることと、1年間あたりの作品数が多いことから、2014年7月1日~2015年7月31日の過去約1年間を一つの目安としました。

「マンガ SUGOI 20」選定総評

さやわか(ライター/物語批評)

さやわか(ライター/物語批評)

 ここ数年のマンガはとくに豊作だったのだと感じさせるラインナップになりました。選定にあたってはそもそも、少年マンガ、少女マンガ、青年マンガ、オタク系……というように、なるべく広い読者層をカバーして作品を選ぶことを方針としていました。しかし実際に優れた作品たちを眺めていると、一作品ごとにひとつのジャンルがあると言っていいほどのバラエティ感があり、作品それぞれに強い力が備わっています。改めてその多様性に驚かされましたし、作品の取捨選択もなかなか難しいものとなりました。ともあれ最終的には非常に面白い23作品が出揃ったと思います。このリストの中から何か一つをピックアップすれば、たとえ全く知らない漫画であっても、驚きとともに楽しんでいただけるに違いありません。それはもちろん国内読者に限った話ではないはずです。我々の選定基準のひとつは「普遍性」ですから、海外の方に作品を選んでもらったとしても、同様の感想を抱いていただけると思います。
 個人的には『絶望の犯島』をノミネートできてよかったと思います。日本の漫画の多様性の一端を示すような、そしてある意味において『漫画アクション』らしさを見せつけるような作品をここに残せたことは非常に喜ばしいです。

門倉紫麻(マンガライター)

門倉紫麻(マンガライター)

 たとえば王道の少女マンガなど、選びきれなかったジャンルの作品も多々ありますが、その偏りも含めて今年の色を示しているのかなと思います。「驚異の大型新人」と呼ばれるような、突然出てきて何もかもをかっさらっていく勢いのある人が登場すると、マンガ業界に風が吹いてぐんと面白くなっていくのではないでしょうか。もちろん、いまその片鱗を見せている方もいらっしゃいますし、私たちも注意深く観察していかなくてはなりません。
 今年は、時事性を強く反映した作品が多かったのも特徴でした。三年以内の作品という区切りを設けたことも大きいとは思いますが、『いちえふ』『東京タラレバ娘』をはじめ、日本の“今”を作品にうつしとりたいと強く願う作家が、近年、増えている気がします。テーマとして日本に特化しすぎと感じる方もいるかもしれませんが、日本の現状をそのまま海外の方に問うのも面白いと思います。個人的には、来年以降には鳥飼茜さんや志村貴子さん、池辺葵さんといった旬の女性作家が入ってくると嬉しいです。海外でも少女・女性向けマンガは以前に比べて盛り上がってきていますが、潜在的な読者はもっと多いはずですし、伝えていくだけの強い力を持った作品ばかりですから。

斎藤宣彦(編集者/マンガ研究)

 昨年、過去十年という区切りで選んだ「SUGOI50」はかなりバラエティに富んだものとなり、「選びきった!」という感慨が私自身もありましたが、それに比べると今年は「入れ込みきれなかった」作品が多かったという印象です。たとえば近年、隆盛を誇っている食マンガ、マンガ家マンガ、エッセイマンガなどは特に幅広い進化を遂げているのですが、その進化を完全に反映した形では取り込めませんでした。
 全体的にやや女性向けの作品が多くなっています。おそらくは連載媒体である雑誌が、青年誌であっても女性をターゲットに含む傾向があるためでしょう。媒体といえばやはり近年で注目すべきはインターネット発のWEBマンガだと思いますが、最終的なリストアップを見るに、雑誌発のマンガに比べてまだ少し分が悪いようです。
 マンガは他ジャンルに比べると、連載の途中でまだ完結していない作品をセレクターの責任で選んでいく難しさがあります。その難しさに蛮勇をもってチャレンジしてみた結果、今回のノミネート作品には連載中のマンガが多くなりました。SUGOI JAPANの結果とともに、作品の行方にも期待したいと思います。