SUGOI JAPAN Award2016 マンガ、アニメ、ラノベ、エンタメ小説。日本のスゴイ!を、世界のスゴイ!へ。

アニメ SUGOI 20
SHIROBAKO
作品名

SHIROBAKO

監督
水島努
制作
P.A.WORKS
パッケージ発売
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
放送スタート・公開時期
2014年10月放送スタート

©「SHIROBAKO」製作委員会

もう一度、みんなでアニメを作る夢を誓った5人の少女たち。アニメ業界の裏側だけでなく、関わる人々の日常を描いたお仕事ドラマ。

STORY

高校時代、1本のアニメを完成させた上山高校アニメーション同好会のあおい、絵麻、しずか、美沙、みどり。高校卒業後は、制作進行、アニメーター、声優など、それぞれの道を歩みながら、5人でまた一緒にアニメを作るという夢の実現を目指していた。部長だったあおいは、アニメ制作会社「武蔵野アニメーション」に入社。現場の全工程を管理する制作進行として、新作アニメ「えくそだすっ!」に携わっていた。次々に起きるトラブルも、前向きな性格と行動力でなんとか切り抜けていくが……。

作品の魅力

本作は、監督や声優だけではなく、地味な役職のスタッフにもスポットを当てた群像劇で、もの作りの魅力と厳しさの両方を訴えかけてくる。劇中で起きるトラブルの数々は、アニメの製作現場で実際に起きることが下敷きになっているという。アニメ業界の舞台裏をリアルに描く一方、主人公の心情を2体のぬいぐるみが代弁するなどコミカルな描写もあり、視聴者を飽きさせない。クライマックスに向けてのドラマの盛り上がりと、登場人物の感情を表現する高品質な作画は、水島努監督&P.A.WORKSというヒットメーカーの組み合わせだからこそ実現できたものだ。

投票はここちら