<マンガ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
ワンパンマン(1~6巻)

<作品名>

ワンパンマン(1~6巻)

<著者名>

ONE/原作
村田雄介/漫画

<出版社・出版レーベル>

集英社 ジャンプコミックス

<連載スタート年>

2012年連載スタート

©ONE・村田雄介/集英社

STORY

就活中のサイタマは、少年を助けるため怪人と闘ったのをきっかけに、幼いころ憧れた“ヒーロー”になることを決意。激しい修行の末、どんなに強大な敵でもあっさり一撃で倒してしまう最強のヒーロー・ワンパンマン(0ne-punch-man)となった。「ヒーロー行為は趣味」と公言する一方、知名度が低いことを気にしたサイタマは、プロヒーローになるべく、自分を師匠と慕うサイボーグのジェノスとともにヒーロー協会へ向かう。見た目の貧弱さから実力を信じてもらえないサイタマだが、そんな彼の前に、地球の平和を脅かす敵が次々と現れる。

作品の魅力

何より特徴的なのは、描かれるヒーロー像だ。たいていの主人公は、強敵に遭遇し、それらを倒しながら自ら成長していく。だがサイタマは、どんな敵が現れようとも一発で倒してしまうため、“強さ”をめぐるバトルの複雑化とは無縁だ。だからといって面白さが損なわれることはなく、敵を倒す爽快感に満ちており、「ピンチになることがないヒーローには感情移入できない」と思いこんでいた過ちに気づかされる。数々の物語にヒーローがあふれている中で、サイタマのような異色のヒーローこそが、現代の読者に刺激を与えてくれるのだ。

DATA

・2014年、第7回「マンガ大賞2014」第7位。