<マンガ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
ハイキュー!!(1~12巻)

<作品名>

ハイキュー!!(1~12巻)

<著者名>

古舘春一

<出版社・出版レーベル>

集英社 ジャンプコミックス

<連載スタート年>

2012年連載スタート

©古舘春一/集英社

STORY

小柄でありながらバレーボールに打ち込む日向は、子どもの頃に憧れていた選手が在籍した宮城県立・烏野高校バレーボール部に入部した。ところが、烏野バレー部には、中学時代の試合で完敗した天才セッター・影山の姿があった。しかも、かつて強豪校だった烏野バレー部は今や県予選ベスト8止まりの平凡なチームと化していた。日向はライバル視していた影山とコンビを組み、チーム一丸となって全国大会を目指す。しかし、宮城県は「絶対王者」と呼ばれる白鳥沢学園をはじめ、強豪校がひしめく激戦区。県予選突破すら困難な状況にあった。

作品の魅力

身長の高さが優位になるバレーボールを題材としながら、主人公の日向は体格的に不利な小柄なキャラクターである。しかし、天性のジャンプ力とスピードを活かし、点取り屋としてチームに貢献しようとする。同様にパートナーの影山も天才的センスを持ちながら、チームプレイが苦手という弱点を持ち、チームメイトはみな一長一短ある等身大の高校生として描かれる。互いの長所を認め、弱点を補い合うチームプレイの大切さを描いた部活マンガとして人気を博している。彼らの絶対に勝利をあきらめない精神が、若い読者層の共感を得た。

DATA

・発行部数、累計700万部超(2014年時点)。
・2013年と2014年にノベル化。
・2014年、テレビアニメ化。
・2014年、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会のポスターに採用。
・2012年、「このマンガがすごい!2013」オトコ編第4位。
・2013年、「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」第4位。