<マンガ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
宇宙兄弟(1~24巻)

<作品名>

宇宙兄弟(1~24巻)

<著者名>

小山宙哉

<出版社・出版レーベル>

講談社 モーニングKC

<連載スタート年>

2007年連載スタート

STORY

幼い日、星空を眺めながら宇宙飛行士になると約束を交わした兄弟・六太と日々人。2025年、弟・日々人は約束通り、宇宙飛行士になり、月面の第一次長期滞在クルーの一員となり、世界中から注目を集めていた。一方、兄・六太は会社をクビになり、実家で無職の日々を送っていた。だがそこへ日々人から一通のメールが届き、六太は再び宇宙を目指し、厳しい試験に臨んでいく。“二人で宇宙へ行く”、その約束を実現するために――。

作品の魅力

何千人もの志願者から選抜される宇宙飛行士という雲の上の存在を、リアルな人物として描いた本作は“宇宙マンガ”という新たな基軸をもたらした。NASAやJAXAなどの丹念な描写は、幅広い世代にわたり、宇宙への関心を大きく広げたが、メインに描かれるのはまっすぐでスケールの大きい人間ドラマ。六太と日々人の兄弟の絆、宇宙飛行士を目指す数多の登場人物たち、それぞれの夢。そのポジティブさは、コミカルであたたかなキャラクターと溶け合い、読者の心を捉え続けている。セリフのなかには、シンプルで奥深い名言が詰まっているところも本作の大きな魅力である。

DATA

・2011年、第35回「講談社漫画賞」一般部門受賞。
・2011年、第56回「小学館漫画賞」一般向け部門受賞。
・発行部数、累計1400万部超(2014年時点)。
・2012~2014年、テレビアニメ放映。(2014年「アニメ・オブ・ザ・イヤー テレビ部門」優秀賞受賞)。
・2013年、実写映画化。
・2014年、劇場版アニメ「宇宙兄弟#0」公開。
・2014年、宇宙兄弟展開催。