<マンガ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

サムネール画像をクリックすると、各ノミネート作品の詳細情報をご覧いただけます。

  • ノミネート作品セレクトの流れ
  • ノミネート作品選定基準
  • ノミネート作品選定総評
  • 対象作品の期間的条件

※作品掲載順は、連載スタート年・刊行年・放送年・公開年などの年代順。同じ年の場合は50音順。

▲ ページの先頭に戻る

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

ノミネート作品セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦( 6月23日~7月31日)
・大学サークル(のべ18サークル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、のべ78名)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦

次に、これら推薦作品を統合して下地となるリストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル約50作品を選定いたしました。

その後、一般推薦の集計結果より上位作品をリストに追加し、最後に、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々にノミネートの許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品をノミネート作品として確定いたしました。

▲ ページの先頭に戻る

ノミネート作品選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回のノミネートは、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、約10年間という長きに渡る期間を対象としていることから、少しでも多くの優れた作家をノミネートさせていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

▲ ページの先頭に戻る

ノミネート作品選定総評

門倉紫麻(マンガライター)
門倉紫麻(マンガライター)
 海外に向けてマンガを選定する、といったときに、イメージされるものは様々だと思いますが、いわゆる「海外読者が好みそうなもの」や「日本っぽいもの」ではない、いい意味でイメージを覆すラインナップになりました。日本のマンガはすでに海外に数多く輸出されており、自ら手に入れようと働きかける読者も少なくありません。そんな中で、海外読者は読み手として成熟してきていると感じるため、今回は海外読者の力を信じ、いまの日本で本当に面白いと思われているスゴイものを、そのままドンとお届けしたかったのです。結果、マンガの持つ大きな特性である「多様性」を強く出すことができました。
 このリストにある作品を読んで、「よくわからないな」と感じる海外読者もいるでしょう。ですがそれを超えて、「よくわからないけど面白い」と思っていただけるのではないかと期待しているのです。わからない、だからこそその作品をより知りたい、同じ作者のマンガを読みたい、日本のことをより知りたいと思ってもらえたらいいな、と。
 マンガは読むだけじゃなく、その作品について話すことでも楽しめる媒体です。ぜひ、このリストを「話す」ことにも活用していただければうれしいです。きっと、国内向けのさまざまなランキングとは、また一味違った議論が楽しめると思います。
斎藤宣彦(編集者/マンガ研究)
 「2005年以降の10年間のマンガ」に限定されるということで、最初は不安もあったのですが、この10年のマンガの充実ぶりに驚くこととなり、選定を終えた今は逆に、この区切りは正解だったのではないかと感じています。最初は50作品のバランスなどはまったく考えず、作品本位で選んでいたのですが、不思議なことに結果として非常にバラエティに富んだリストができあがり、日本のマンガの多様性を示せるものになっています。おそらく、全作品を読んでいる方というのはほとんどいないんじゃないでしょうか。
 リストアップするとなると、どうしても「あれがない」という声があがってしまうものですが、これが100作品だったとしても事情は同じだったでしょう。たとえば震災を描いたものやマンガ家マンガなど、私個人が入れたくても入ってこなかった作品は多々ありましたが、長時間の議論の末につくりあげたリストは、一人では絶対になしえないものとなりました。様々な意見が飛び交い、それだけ日本には面白いマンガ・すごい作品が豊富に存在するということでもあり、心強さを感じています。
 ですので皆さんもぜひ、今度はこのリストをもとに、友人と「僕ならあれを入れる」「私ならこれだ」といった議論を繰り広げてみてください。きっと、非常に苦しくも楽しい時間が待っていることでしょう。
さやわか(ライター/物語批評)
さやわか(ライター/物語批評)
 今回は、単純に私たちがマンガ読者として好きな作品を選ぶというよりは、これから初めてマンガに出会う方々に向けてどういうラインナップなら楽しんでもらえるかということを基準にして選定しました。日本の読者にももちろん読んでいただきたい作品ばかりですが、とりわけ海外読者に読んでいただくことを意識しています。
 また、ジャンルの多様さを重視して選んだため、もしかしたらみなさんがお好きじゃない作品が入っていたり、好きな作品が入っていなかったりすることもあるかもしれません。ですがこれも、私たちの愛する日本のマンガを、新しい読者に届けるためのリストであるためであることをご理解いただければ幸いです。
 とはいえ、これまでマンガを好きで読んでいた方々にとって無用なリストかというと、決してそうではありません。今、マンガは非常に細分化が進んでいて、それぞれのジャンルが独立し、ジャンルごとに何が起きているかわかりにくい状況にあります。ですがこのリストでは、全ジャンルを「マンガ」というひとつのカテゴリーにおさめることができました。海外に対して誇りと自信をもって薦める愛すべき50作品であると同時に、マンガに興味をもつすべてのみなさんにも読んでいただければと思っております。

▲ ページの先頭に戻る

対象作品の期間的条件

2005年1月1日~2014年7月31日までの約10年間 に、連載・刊行スタート、放送スタートもしくは上映が行われた作品を対象としています。

※コミックス第1巻の刊行が2005年1月以降だったとしても、連載スタートが2004年の作品は対象外となります。

▲ ページの先頭に戻る