<エンタメ小説>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
Another(上・下)

<作品名>

Another(上・下)

<著者名>

綾辻行人

<出版社・出版レーベル>

KADOKAWA 角川文庫

<刊行年>

2009年刊行

刊行年は単行本の出版された年になります。

STORY

夜見山北中学3年3組に転校してきた榊原恒一は、教室の中に顔見知りの少女・見崎鳴の姿を見かけて声をかける。しかし、クラスメイトはなぜか恒一の行為に戸惑い、怯えた様子を見せるのだった。自分以外の誰も、鳴に話しかけないことを不審に思った恒一は、やがて自分の通うクラスが、何年かおきに「死者」が入りこむ「呪われた三組」であることを知る。そんな中、クラス委員長の桜木が学校内で事故死を遂げる。3年3組に降りかかり始めた死の連鎖から、恒一や鳴は逃れることができるのか。

作品の魅力

ホラーとミステリーの両ジャンルで活躍してきた著者が、2つのジャンルの面白さを見事に融合させた作品。クラスに紛れ込んだ死者のために、3年3組の生徒や関係者が理不尽な死に見舞われてゆく、という展開はホラーだが、物語の随所にトリッキーな記述が隠されている。何気なく読み飛ばしていた記述が、重要な伏線だったことに気づき、読者は思わずあっと声をあげるだろう。原作の不気味なムードを忠実に再現したアニメ版もヒット。謎めいた雰囲気をもった見崎鳴は絶大な人気を博し、外伝『Another エピソードS』でも再登場を果たしている。

DATA

・2009年、「このミステリーがすごい!2010年版」国内編第3位。
・2013年、続編『Another エピソードS』が刊行。
・2010年~2012年、マンガ化。
・2012年、テレビアニメ化、実写映画化。東京ジョイポリスには映画とタイアップしたアトラクションも登場。