<エンタメ小説>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

サムネール画像をクリックすると、各ノミネート作品の詳細情報をご覧いただけます。

  • ノミネート作品セレクトの流れ
  • ノミネート作品選定基準
  • ノミネート作品選定総評
  • 対象作品の期間的条件

※作品掲載順は、連載スタート年・刊行年・放送年・公開年などの年代順。同じ年の場合は50音順。

▲ ページの先頭に戻る

商標について

本サイトに掲載されている作品名または商品等の名称は、各社の商標または登録商標です。

ノミネート作品セレクトの流れ(各コンテンツホルダーおよび著者への確認含む)

まず、以下の方々から推薦作品をあげていただきました。
・一般推薦( 6月23日~7月31日)
・大学サークル(のべ18サークル)からの推薦
・業界関係者(研究者、ライター、編集者等、のべ78名)からの推薦
・各ジャンル10名のセレクターからの推薦

次に、これら推薦作品を統合して下地となるリストを作成し、それをもとに選定委員3名(ラノベは4名)+SUGOI JAPAN実行委員会(読売新聞社+山本充:元ユリイカ編集長+横里隆:元ダ・ヴィンチ編集長)で選定会を開き、各ジャンル約50作品を選定いたしました。

その後、一般推薦の集計結果より上位作品をリストに追加し、最後に、候補作品のコンテンツホルダー、著者(著作権者)の方々にノミネートの許諾依頼をさせていただき、ご了解いただいた作品をノミネート作品として確定いたしました。

▲ ページの先頭に戻る

ノミネート作品選定基準

  1. 「この素晴らしい作品を日本国内だけでなく世界でも大ヒットさせたい」かつ「世界でも大ヒットするにちがいない」と思われる作品を選定させていただきました。
  2. その際の選定基準として、以下3点を重要な要素といたしました。
    ①普遍性:地域・文化・言語の壁を越えた普遍的な魅力を持ち、世界的に通用するであろう作品
    ②オリジナリティ:作品のストーリー・設定・キャラクターなどに他にはない独創性、アイデア、仕掛け、表現力を持っている作品
    ③作品力(ポテンシャル):世界でより広く受け入れられるような潜在力・ポテンシャルを持っている作品

※今回のノミネートは、原則、お一人の作家に関して一作品とさせていただきました(ただしアニメは除く)。これには異論反論等あるかと思いますが、約10年間という長きに渡る期間を対象としていることから、少しでも多くの優れた作家をノミネートさせていただきたいという考えでこのように決めさせていただきました。ご理解いただけましたら幸いです。

▲ ページの先頭に戻る

ノミネート作品選定総評

市川真人(評論/早稲田大学准教授)
市川真人(評論/早稲田大学准教授)
 村上春樹や中村文則のように、海外ですでに賞を受け評価されている作家の多くをあえて除外したぶん、フレッシュな顔ぶれになったと思います。また、2000年代に入って以降、エンターテインメント小説と純文学の境界をまたぐ作品が少なからず登場しましたが、対象を2005年以降出版の作品としたことで、その傾向も強くリストに反映されました。
 一方で、たとえば川上未映子『ヘヴン』をめぐって意見が分かれたように、「エンターテインメント小説」として海外に紹介されることが作品を利するかどうか、また作者の創作意図と合致するかが、こと純文学作品については悩ましくもありました。
 そのなかで、個人的には水村美苗『母の遺産―新聞小説』や松浦理英子『犬身』、奥泉光『東京自叙伝』がノミネートされたことを喜んでいます。力量ある純文学・芸術作家としてキャリアを重ねながら、ジャンルの垣根を越えてエンターテインメント性を持つ創作を試みてきた小説家たちの作品が、こと海外でどう受け止められるのか、興味深く見守っていきたいと思います。
大森望(SF/ミステリ評論)
大森望(SF/ミステリ評論)
 いま、日本の小説は世界的に見てもかなりレベルが高く、それを反映して、SUGOI JAPANにもたいへん面白い作品がそろいました。ここ10年くらいは日本SFが勢いをとりもどし、『ヨハネスブルグの天使たち』の宮内悠介や『皆勤の徒』の酉島伝法など、注目の新人も次々に登場しています。そうして第二の黄金時代を迎えたSFの他、ミステリー、ホラー、ファンタジー、純文学と、各分野で評価の高い作品がノミネートされました。バランスからいうと、異世界ファンタジーがもう少し入っていいような気もしますが、シリーズの扱いや、ライトノベルとの線引きなどの問題があり、こういう結果になりました。総合的には順当なラインナップではないでしょうか。
 通常の文学賞ですと、選ばれる分母が意外と小さかったりするのですが、SUGOI JAPANでは媒体や分野を問わず、さまざまな系統の小説がまんべんなく対象となります。世間一般ではあまり話題になっていない、専門読者に評価されるマニアックな小説も選ばれており、その結果、今の日本小説の豊かなバリエーションを示すリストになったと思います。
杉江松恋(ミステリ評論/ライター)
杉江松恋(ミステリ評論/ライター)
 一見すると、純度の高いミステリー小説は少ないように見えますが、日本においてミステリーというのはジャンルとして孤絶しているというよりむしろ手法として拡散しているという印象があります。よって今回のようにSFとのジャンルミックスの作品や、ミステリー要素はあるものの文学のレッテルを貼ってもいいような作品というものが選ばれたことは妥当だと思っています。ただ、個人的には1990年代から2000年代前半までにかけてミステリー界を牽引した、たとえば京極夏彦さん、森博嗣さんといった作家のシリーズを入れられなかったのは非常に残念でした。刊行年の縛りがなければ、現在のミステリーの礎を培った作品を評価して組み込みたいところでしたが……。
 いま流行の、お仕事モノやイヤミスといった、新しい萌芽として出てきているサブジャンルの小説は、まだ歴史的な位置づけが明らかにされていないという印象です。ですが今後、この作業を続けていけば、そうした作品の持つ意味も明確になってくるでしょう。今回のリストにもその兆しが見えます。全体としては、さまざまな分野を覆い尽くした良質なカタログになったのではないかと思っています。

▲ ページの先頭に戻る

対象作品の期間的条件

2005年1月1日~2014年7月31日までの約10年間 に、連載・刊行スタート、放送スタートもしくは上映が行われた作品を対象としています。

※コミックス第1巻の刊行が2005年1月以降だったとしても、連載スタートが2004年の作品は対象外となります。

▲ ページの先頭に戻る