<アニメ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
進撃の巨人

<作品名>

進撃の巨人

<監督>

荒木哲郎

<制作>

WIT STUDIO

<パッケージ発売>

ポニーキャニオン

<放送スタート・公開年>

2013年放送スタート

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

STORY

かつて人類は、突如出現した「巨人」により滅亡の淵に立たされた。巨人がすべてを支配する世界で生き残った人類は、高さ50メートルの巨大な壁を三重に築き、壁外への自由と引き換えに、辛うじてその命脈を保っていた。そして城壁による平和を得てから約100年後。少年・エレンは、仮初めの平和に満足し壁外の世界へ出ることを諦めた人々に違和感を覚えつつも、幼馴染のミサカやアルミンらとのどかな日々を送っていた。だがある日、壁をも越える超大型巨人の出現により、エレンたちの穏やかな生活は一気に崩れ去ってしまう……。

作品の魅力

諫山創の大ヒットマンガを『DEATH NOTE』の荒木哲郎がアニメ化。Linked Horizonによる主題歌も大きな話題を呼び、現代を代表する大ヒット作となった。注目すべきは立体機動の表現。巨人と比較してあまりに小さい人類が敵に対抗するために生み出した戦闘法で、文字通り立体的に描かれるワイヤーアクションはまさにアニメでしかできない表現だ。次々に死んでいく兵士たちの描写も壮絶で、それでも恐怖を乗り越えて立ち上がる人々の気高さに胸を打たれる。巨人対人類の壮大な世界観がアニメ化によってさらに壮大かつ精細に描かれた。

DATA

・原作マンガ:『進撃の巨人』(1~14巻) 諫山創 講談社コミックス。
・2013年、主題歌を収録したLinked Horizon『自由への進撃』が売り上げ20万枚を突破。
・2013年、Linked Horizonが第64回NHK紅白歌合戦に出場。
・2013年、第18回「アニメーション神戸賞」作品賞、主題歌賞受賞。
・2013年、「Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2013」主題歌賞受賞。
・2014年、「東京アニメアワードフェスティバル 2014」グランプリ(アニメ オブ ザ イヤー部門/テレビ部門)受賞。
・2014年、アニメージュ主催第36回「アニメグランプリ」受賞。
・その他、受賞歴多数。
・2014年、テレビアニメの総集編を前後編2部作とした劇場版を公開予定。『劇場版「進撃の巨人」前編―紅蓮の弓矢―』は2014年11月22日公開。
・2015年夏、実写映画が前後編2部作で公開予定。