<アニメ>
ノミネート作品「SUGOI 50」

その他ジャンルのノミネート作品へ

  • STORY
  • 作品の魅力
  • DATA
アイドルマスター

<作品名>

アイドルマスター

(以下2作品含む)
 『アイドルマスター』
 『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』

<監督>

錦織敦史

<制作>

A-1 Pictures

<パッケージ発売>

アニプレックス

<放送スタート・公開年>

2011年放送スタート

『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』は劇場映画。2014年公開。

©BNGI/PROJECT iM@S

STORY

弱小芸能事務所「765プロダクション」には、天海春香をはじめ、個性豊かな12人の駆け出しアイドルたちが所属していた。彼女たちはそれぞれの夢に向かって、新米プロデューサーと一緒に日々地道なレッスンや営業活動を行っている。だが、自己主張が激しすぎたり、マイペースすぎたりと、揃いも揃って癖のあるアイドルたちの前途は多難。やがて3人ユニット「竜宮小町」の売り込みは成功するも、残りの9人と明暗が分かれてしまい……。夢をめざしアイドルとして懸命に輝こうとする少女たちの姿を描いた群像劇。

作品の魅力

本作はゲームの世界観を忠実に再現しながら、アニメならではの表現を模索した作品。ゲームでは必然的に一人のアイドルの育成にスポットが当たるところを、765プロダクションという場を中心に据えることで、複数のアイドルを平等に扱う群像劇として成立させた。「部活もの」に似たエッセンスを取り入れ下積みを中心的に描くことで視聴者の感情移入を促し、作品後半で襲ってくるゴシップ絡みのトラブルを乗り越える説得力を生み出した。トップアイドルに到達してからの葛藤も見どころで、視聴者はまさにプロデューサーのように彼女らを応援することとなる。

DATA

・原作ゲーム:『アイドルマスター』『アイドルマスター2』 バンダイナムコゲームス(現ナムコ)
・2011年、「Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011」CM部門受賞。
・2012年、「Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2012」監督賞他、6部門で受賞。
・2012年、第54回「日本レコード大賞」企画賞受賞。
・2012年、TVアニメ版ストーリーでのマンガ化。